私は、毎日ワクワク、キラキラの子供たちに囲まれて、とっても幸せな保育士をしています。

世界中のみんなにこのクリスタルの愛と光のエネルギーを発神して、

みんなでアセンションをするのが願いです!





☆このブログはNMCAAクリスタル・


アセンション・アカデミーの公式ネットワークです☆




話を聞ける子に育てるには!?

先日、年長組(5歳児)の担任とちょっとした立ち話をしていて、

子ども達が、まったく話を聞けないと

嘆いていました。


私も保育をしていてそう感じます。

年々、聞けなくなってきているなと感じます。


でも、今の年長組の子ども達が、まだ年少組の時は

とても聞き分けが良くてやり易い学年の子ども達だと

聞いていました。(その頃私は年長組の担任だったので)


私が担当するクラスは、例外なく自己主張が強くて

私が話し始めると、「せんせー、きいてきいて!ぼくはね〜わたしはね〜」

の嵐になるのでいかに話が聞ける子ども達にするにはというのが

私のテーマのひとつでもあります


でも、保育園全体的に子ども達が話を聞けないという傾向にあるのは、

なんでなんだろうと思いました。


うちの保育園での傾向でもありますが、特に私は、

今まで子ども達に「聞いて!聞いて!」のエネルギー全開でした。


子ども達が年少組くらいの間は、それで通用するかもしれませんが、

やっぱり親は子の鏡というのか、

大人が、子ども達の話しを聞くより

私(大人)の話しを聞いて!聞いて!じゃ、

子ども達もその姿を真似て成長していくのでしょうね。


話しを聞ける子どもに育てるには、

いかに大人が子ども達の話しを聞けるかどうかにかかっている!


今日から、さっそく話を聞く保育士!?として意識していきましたが、

常に雑用に追われたり、時間に追われけっこう子ども達の声を

さえぎっていることが分かりました。


大切な色んなカリキュラムがありますが、

子ども達の話をじっくり聞いてじっくり関わるという

大人が子ども達と同じ目線で見本となる保育が必要だなぁと思いました。


何かと忙しい毎日ですが、

子ども達と同じ目線で良い見本となる姿を常に心掛けていきたいと思います!

話を聞ける保育士になりたいと思います


愛の保育士Yokko


















 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
           

 

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
           

 

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

profile