私は、毎日ワクワク、キラキラの子供たちに囲まれて、とっても幸せな保育士をしています。

世界中のみんなにこのクリスタルの愛と光のエネルギーを発神して、

みんなでアセンションをするのが願いです!





☆このブログはNMCAAクリスタル・


アセンション・アカデミーの公式ネットワークです☆




愛の保育日記「ハートを感じる」

 子ども達の成長にとって何が必要なんだろう?

また、あらためて自分に問いかけていました


答えは、やっぱり迷わず、「心=ハートの成長」でした


なんで、こんなことを考えたかというと、

私の中でいつも子ども達に必要な教育・躾ということがテーマにあって、

この「ハートの成長のための教育・躾」という観点から保育が外れてくると、

子ども達との歯車が合わないというか、私自身の気持ちがぶれていきます

という事で時々軌道修正が必要ですが、今回のブログの記事は、

「ハートの成長のための保育」の実践の一コマです^^


我が3歳児クラスでは、よくハートのお話をするのでごく当たり前に

自分たちの中にハートがあることは感じているようですが、

自分の気持ちにフォーカスするというのも実はけっこうできているようで、

自然すぎてあまり意識しないことなので、

時々ですが、季節のお歌を歌う時に


「じゃあ、ハートがとーっても喜んでいるみたいに歌ってみよう!

次は、ハートが悲しい時、怒っている時」


など、色々バージョンを変えて一緒に歌ったりします


3歳児では、その意味が理解できない子もいますが^^;

本当に感情豊かに気持ちを込めて歌ってくれます

これは、「ハートの感覚を感じるワーク」としていいんじゃないかなと

思うのと、何より子ども達がとても喜んでくれます



「ハートを育む保育」とは特別なことばかりでなく、

時々こういったワーク的なこともしますが、

本当に大事なのは、子ども達の気持ちをくみ取りハートとハートを

通わせられる存在がいるという事。


そしてそこから、ハートの感覚を最大限に表現していけるように

サポートしてくれる存在がいるという事。


これらを中心に意識して取り組むことで

ハートを育む教育・躾というのは、この中に含まれるのではないかと

感じますが、まだまだ実践と向上途中です


ついつい油断すると、「こうしなければ」「ああしなければ」の教育・躾に

陥ってしまいがちですが、

「ハートを育む保育」というのを信念にこれからも進んでいきたいと思います


愛の保育士Yokko

コメント
はじめまして!私はただ今保育士目指し中の28歳女性です。
ずっとなりたかった保育士を諦めきれなくて、去年から通信で働きながら勉強しています。
kokkoさんのブログ初めて拝見させていただきました!!
子どものことを考えて、愛情いっぱいに向き合っておられるのが伝わってきてコメントさせてもらいました!!
今は歯医者で働いていて、子どもからは嫌われる存在の中ですが(笑)泣いていた子どもがいつの間にか一人で我慢して頑張るようになったりする瞬間がたまらなく泣きそうになってしまいます。子どもって強いんだなぁっていつも感じています。
保育士さんは一度に何十人もの子どもと接しますよね、一人一人と向き合うのはとっても難しいし、また、一人一人を成長に導いていくことも大変なことだと思うんですが、もしよろしければ、色々と保育士の極意を教えていただきたいです!(>_<)私はただ子どもが好きだという気持ちだけで、保育者としてできることがまだ何もわかっていません。アドバイスよろしくお願いします!
  • のん
  • 2014/01/08 2:28 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
           

 

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
           

 

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

profile