私は、毎日ワクワク、キラキラの子供たちに囲まれて、とっても幸せな保育士をしています。

世界中のみんなにこのクリスタルの愛と光のエネルギーを発神して、

みんなでアセンションをするのが願いです!





☆このブログはNMCAAクリスタル・


アセンション・アカデミーの公式ネットワークです☆




愛の保育日記「食に関して」

 クリスタルチルドレンに関する本が、まもなく発刊します!!!

クリスタルチルドレンの特徴や、その関わり方なども情報が満載です♪

絶対おすすめです^o^詳しくはこちらを^^↓
     http://www.meisou.com/publication/


久しぶりの更新になってしまいました^^;

3歳児の保育は、まさに全身全霊。

毎日、体力勝負といった感じです^^


3歳児は、生活の基礎を教えていくということが、

主でその中で色々疑問に感じることもあります。

その一つは、食に関することです。


うちの園は、毎日専属の調理師が調理する給食で、

味は、とてもおいしいと思います。

栄養士が献立を毎日組み立てており、

栄養のバランスもいいと思います。

でも、添加物の入っているものや、冷凍食品などを

使っていることも多く、敏感な子どもは受け付けないこともあります。


乳児組から進級してきた子ども達は、

比較的好き嫌いなく、たくさん頂きますが、

新入園児は、特に野菜類が苦手な子が多いです。

それから、意外にも子どもが好きそうなハンバーグや

カレーライスが嫌いな子もいます。

肉が、噛み呑み込めない、苦手という子もいます。

家庭で単に今まで食べてこなかったというのもあるのですが、

今園では、とにかく食べれるようにするという事で、進めています。

だから時々「給食が嫌だ!」と言って登園を嫌がる子もいます。

私は、そこまでして嫌がるものを食べさせないといけないのかなと、

まずここで疑問があります。


確かにこうして少しずつ食べれるように努力しているから、

乳児組から進級してきている子は食べれるようになってきているし。。。

という思いもあります。

園でえらいとされるのが、たくさん食べる子、早く食べれる子です。

まあ、一般的にもそうなのでしょうが。


5歳児のクラスを担当していた時は、自分で食べるという事も出来ていたし、

好き嫌いもあったけど、自分で量も調節できたし、

一口だけ食べるとかして給食を嫌がるなんてことはありませんでした。

3歳児は、その一口も嫌がるし、食べれないものも実に多いこと。。。!

そして、食べるのを嫌がる子の中には、

添加物などの食べ物に反応して嫌がっているんじゃないか?という、

思いもあります。

こうなると、一口でも食べさせるというのはとても酷なことだし、

第一、子どもに食べさせるのは無添加の質の良いものであってほしいです。


そういう点からも、子ども達の食に対する指導の仕方、

私たちの食に関する知識をもっとつけ、根本的から改善していく

必要があるなと、とても感じます。


みんなが、食べることを真に楽しめるように


愛の保育士Yokko







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
           

 

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
           

 

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

profile