私は、毎日ワクワク、キラキラの子供たちに囲まれて、とっても幸せな保育士をしています。

世界中のみんなにこのクリスタルの愛と光のエネルギーを発神して、

みんなでアセンションをするのが願いです!





☆このブログはNMCAAクリスタル・


アセンション・アカデミーの公式ネットワークです☆




愛の保育日記「親の愛」

 学期末となり、今私の保育園では、

保護者個人懇談で、この一週間保護者の方々と

色々お話しています。


保護者の方々との話題の中に

「まだ、おねしょをしているんです。一年生になるのに大丈夫でしょうか?」

「落ち着きがないけどやっていけるのか?」

など、不安もみえますが、全体的な風潮として感じるのは、

子ども達の心を尊重しようとしているということです。

子どもにとって一番何が大切であるかを心の奥ではよく分かっているのです


でも、親として年齢に応じた成長、発達をしているのか気になるのは当然です。

そこで、焦りや不安が出てきてしまい、案外それを相談する機会がない感じがします。


だから、懇談の中でお話ししている最中に涙ぐまれたり、安堵されたり、

とても強い母親の愛のようなものを感じます。


クラスの中でも落ち着きがなく、注意をされることの多いS君は、

やっぱり家でも同じようによく叱られるようです。


懇談でS君の母親とS君について色々話していたら、

S君が色々我慢していること、がんばっていることが観えてきました。


そして二人で反省し、さっそくS君を認めることから始めましょう

ということになりました。


驚いたことに次の日には、その効果がでました。

やんちゃは、やんちゃなのですがとても心が落ち着いているのです。


S君の母親は、夜じっくりと対話の時間をもったり、

忙しい中S君をハグし保育園に送り出したりしていました。


その日の帰りにS君の母親に園での様子をお話しすると

号泣されていました。


愛が一番だといいますが、母親の愛って最強だな!と、

今回の件であらためて思いました。


子ども達と母親(父親)が心から安心し、本来の輝きがもてるよう、

愛の保育士として日々成長しがんばります!


愛の保育士Yokko

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
           

 

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
           

 

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

profile